玉泉亭/食歩記 横浜 伊勢佐木町

ラーメン誕生の歴史を見ると,関東に関する限り,原点は横浜中華街にあるようだ. 明治後期,横浜中華街において,中華汁麺を参考にラーメンらしきものが誕生. その流れの中で東京では來來軒が元祖東京ラーメンを提供したのだろう. 同じように横浜でもラーメンを売る店が現れた. その最初の店といわれているのが玉泉亭である.

玉泉亭の現在のラーメンは,豚足をベースに昆布,煮干しの魚系和風だしが使われているのだそうだ.
玉泉亭は,サンマーメン(生馬麺)発祥の店としても知られている. サンマーメンとは,要するにもやしなどの炒め野菜にとろみをつけたあんをかけた醤油ラーメンのこと. 一見,喜楽 (東京渋谷)のもやしそばなどと同じように見えるが,野菜にとろみがついていることと甘めの味付けであるところが違う.
玉泉亭は,鎌倉街道北側を平行して走る伊勢佐木モールの一角にある. 昭和ノスタな大衆中華料理屋だ.

タンメン \600 ★★★★++

玉泉亭玉泉亭 玉泉亭

いつものようにサッポロラガービールとおつまみねぎチャーシュー.
サッポロラガーはやっぱり美味い.
ねぎチャーシューもいける.

そういえば,このお店のタンメンを食べていなかった.
というわけで,今日はタンメン.

美味いスープではないか・・・
動物系+野菜系ベースの塩味だ.
やや濁りがある.
コクと旨味が強く出ている.しかもスッキリ.

麺は,太目かと思いきやシコシコの細直麺.
小麦の風味が感じられる.
スープとの相性は抜群によい.

具はシンプル.
モヤシ,キャベツ,キクラゲなど.
タンメンの具らしくある.

正統派の横浜タンメンだ.
このお店の歴史がよく感じられる美味いタンメンだ.

(2017/8)


サンマーメン \600 ★★★★++ ギョウザ \450 ★★★★★

玉泉亭/横浜 伊勢佐木町玉泉亭/横浜 伊勢佐木町
玉泉亭/横浜 伊勢佐木町
玉泉亭/横浜 伊勢佐木町玉泉亭/横浜 伊勢佐木町    
久しぶりの訪問だ.
創業1918年(大正7年)のこのお店.
横浜のラーメンの原点に近い麺類が食べられる銘店の一つだ.
店内は改装されて綺麗になっている.

今日は,このお店が発祥とされているサンマーメンを食べよう.
サンマーメン(生碼麺)とは,要するに,ラーメンの上に炒めたモヤ,キャベツ,キクラゲ,蒲鉾,豚肉などのあんかけを載せたあんかけ麺のこと.
お店によって具の中身が違っている.
サンマーメンは,神奈川県のご当地ラーメンにもなっている.

まずは,”ぎょーびー”.
ビールは,昔懐かしいサッポロのラガー,通称”赤星”だ.
これが旨い.

皮がパッリと焼かれた餃子は実にジューシー.
これまたいけている.
ビールにはぴったりだ.

サンマーメンのスープは,このお店の動物系+魚介系醤油スープに,具の野菜などから出た旨味が加わって更に旨味が増している.
餡のわずかなとろみもいい感じだ.

低加水気味のわずかにウェーブのかかった中細麺も旨い.
スープとの相性もいい.

このお店のサンマーメンは評価が分かれているが,個人的にはあっさりタイプの旨いサンマーメンだと思う.
(2015/9)


ラーメン\450 ★★★★

玉泉亭/横浜 伊勢佐木町玉泉亭/横浜 伊勢佐木町

開店時間を過ぎているというのに入口には準備中の札がかかっている.
開店を待つ先客が4~5人並んでいる.
待つこと約40分.ようやく開店した.

焼売を肴にビールを飲む.
昔懐かしいサッポロのラガーだ.

スープは,鶏ガラの味も香りも感じない.
かといって魚介系が強いわけではな い.
生姜の風味の効いた甘めのあっさりとした素朴な醤油味だ.

麺は,中太の直麺.
比較的堅めに茹で上げられていてコシがある.

具は,叉焼,支那竹,葱に菠薐草.
特に叉焼はやや堅めのもも肉だが,厚切りで旨い.

全体として戦後の魚介系和風だしが加わった東京和風系ラーメンに近い.
典型的な昔懐かしいあっさりとしたラーメンなのだ.
僕の好きなラーメンだ.
(2006/12)


>中国料理 玉泉亭
 横浜市中区伊勢佐木町5-127
 火休/11:30~21:30
 1918年(大正7年)

玉泉亭/横浜 伊勢佐木町玉泉亭/横浜 伊勢佐木町玉泉亭/横浜 伊勢佐木町  

(2006/12)

スポンサーサイト

日栄軒/横浜 東神奈川駅

JR東神奈川駅3・4番ホーム(上り線)階段下にある立ち食い蕎麦屋だ.創業は1918年(大正7年).桜木町駅の”川村屋”と並んで歴史がある.
今も創業当時と変わらない美味さの”つゆ”をウリにしている.そのとおり,東京地方の蕎麦通なら知らない者はいないうほどの有名店でもある.
爺さんとおばちゃん達でやっている.5人も入れば満員の狭い店内は.常時,客が入っている.

穴子天そば \470 ★★★★★+

nichieiken_anagoten1.jpgnichieiken_anagoten2.jpg 
前回は売り切れで食べられなかったこのお店の名物”穴子天そば”を求めての訪問だ.
人気メニューだけのことはあって,タイミングを逃すとすぐに売り切れになってしまうらしい,
というわけで,土曜日の12時すぎに訪問.
売り切れとはなっていなかった.

穴子天は丸一匹が揚げられている.丼からはみ出しているではないか.立派な穴子天だ,
まずは蕎麦を啜る.
相変わらずの美味い汁と蕎麦だ.

さてさて穴子天.
汁に浸して食べてみると・・・
おっと.これは美味いではないか・・・
穴子がもっちりフワフワに揚がっている.
穴子特有のコクと旨味が伝わってくる.
蕎麦との相性もバッチリだ.

さすがこのお店の名物だけのことはある.お薦めだ.

(2017/7)


天玉そば \470 ★★★★★

nichieiken_tentama1.jpgnichieiken_tentama2.jpg 
お店との外にある券売機の前に立つ.
ガ~ン,食べたかった穴子天あ売り切れになっているではないか・・・
やむなく基本の天玉のボタンをボチッ.

ウリの汁は,強い雑節系の出汁がみりんと濃口の醤油で甘めに味付けされている.
実に旨いではないか.
蕎麦は既製のゆで麺だが,蕎麦の風味と味わい十分な美味い蕎麦だ.
このお店自慢の汁ともよく合っている.

トッピングの生玉子は,主張の強い汁をマイルドな味わいに・・・
かき揚げ天はそれないによい.

評判どおり,立ち食い蕎麦のレベルをはるかに上回るガチ美味蕎麦だ.

(2016/9)


>日栄軒 
 横浜市神奈川区西神奈川1丁目6-15-606 東神奈川駅上りホーム
 無休/6:15~22:10(土祝 6:15~21:30,日 10:00~15:00)
 1918年(大正7年)

nichieiken1.jpgnichieiken2.jpg nichieiken3.jpg
 
(2017/7)

ノ貫/横浜 関内

店名は”ヘチカン”.今年の2月に野毛にオープンし,その後,福富町に移転した.
煮干しラーメンがウリの新店だ.既に人気行列店になっている.

煮干しそば \800 ★★★★++

ノ貫ノ貫 
スープはかなりのニボニボ度だ.
だが,どこか物足りない.
かつて東京で食べた超弩級のニボニボラーメンと比べると弱い.
よく言えば上品な煮干しラーメンということにはなるのだが・・・

麺が美味い.
シコモチ系んの細直麺だ.
茹で加減もいい.
具の肉と玉葱もいける.

完成度の高い煮干しラーメンではああるが,もう少しインパクトが欲しい気がする.
(2016/7)


>丿貫(ヘチカン )
 横浜市中区福富町仲通2-4
 ラーメン店:火休/11:00〜15:00 (L.O.14:30)
 日本酒専門店:日休/19:00〜24:00
 2016年(平成28年)
 http://ameblo.jp/ra-menandsoba/

ノ貫ノ貫
ノ貫   

(2016/7)

弘流/横浜 伊勢佐木長者町

2012年(平成24年)に伊勢佐木モール中程にオープンした白河中華そばのお店だ.
東北のラーメン好きとして覗いてみる.

ワンタン麺+ミニチャーシュー炙り丼 \850+\180 ★★★++

弘流弘流
弘流   
これは何というスープなのだろうか.
鶏味のスープだが,ガチ薄味.
鶏の旨味の出も弱い.

麺は,白河ラーメンらしい手揉み風の平打ち気味太麺.
シコシコ系かと思いきや,モチモチ.
これは美味い

具が凝っている.
ワンタンは肉厚でチュルチュル.
白河ラーメンのワンタンらしからぬ食感だ.
チャーシューが美味い.

炙り叉焼丼は,この美味いチャーシューにタレがかかっている.
美味いことこの上ない.

麺や具が美味いだけに,スープを何とかして欲しいものだ.
(2016/3)


>白河中華そば 弘流
 横浜市中区伊勢佐木町4-109
 水木休/11:00~15:00 17:00~3:00(金土~29:00,日祝~20:00)
 2012年(平成24年)
 http://www.kouryuu.co.jp/ 

弘流
弘流 
(2016/3)

本丸亭/食歩記 横浜 元町

本丸亭は厚木市に本店のある塩ラーメン専門の人気行列店だ.塩ラーメン部門で数々の賞を受賞し有名店となった.
厚木の本店は,小田急本厚木駅南口から大通をまっすぐ行った相模川沿い近くにある.
2005年(平成17年)に横浜/元町に支店1号店を出店したのだ.
当初,横浜では認知度が低かったが,さすがに厚木本店が有名店ということもあって,今では観光客などで行列ができる人気店になっている.

海老ワンタン入り塩ら~麺 \1,150 ★★★★★

本丸亭本丸亭
本丸亭 
7年ぶりの訪問だ.
まずは生ビーで喉を潤す.
ワンタンが食べたくなったので海老ワンタン入りを注文,

スープはやっぱり美味い.
動物系と魚貝系がミックスした旨味とコクのある塩味だ.

麺は,ツルモチの中細縮麺.
これもいける.
スープとの相性もよい.

豚バラ叉焼はもとより美味い.
海老ワンタンは中に多いな海老が・・・
つるつるのワンタンと海老の旨味とが相まって,これまた美味い.
本丸亭特有の春菊はよいアクセントだ.
塩スープにピッタリ.

今日の出来はいいようだ.
美味い塩ラーメンを出していることに安心した.
(2016/6)


本丸塩らー麺\800 ★★★★+

本丸亭 
塩ラーメン専門店の本丸亭(厚木)の初の支店だ.
この有名店が横浜/元町に出店するとは・・・.
自宅から歩いて5分,
当時,大いに喜んで足繁く通ったことを思い出す.

普段,ラーメンを全く食べない妻も食べたほどだ.
あっさりした塩味は,折り紙付きだ.

久しぶりの訪問だ.
基本の本丸塩を注文する.

豚骨清湯の上品な塩味だ.
本丸亭らしさが出ている.
だが,これでは明らかに旨味とコク不足だ.

平打ちの太麺はツルツル.
これはいける.

ウリの春菊は,これまでとおり.
厚切り叉焼も旨い.

レベルの高さは維持しているが,やや平凡な味になってしまっている.
開店当初と比べると,繊細さに欠けているのが残念だ.
(2009/4)


>塩らー麺 横濱元町 本丸亭
 横浜市中区元町1-42
 月休/11:00~15:00 17:00~22:00
 2005年(平成17年)

本丸亭 
(2016/6)

李園/食歩記 横浜 山手

本牧通りは,石川町のトンネルを抜けて南東に向かうと”奇珍楼”を始めとして古くからの多くの中華屋がある.このお店もその一つ.創業年は聞けなかったが,昭和以前なのだろう.
家族経営の人気行列店だ.いつも満席.どの料理も美味いと評判だ.麺類ではトマトタンメンが有名だ.

あさりタッメン \1080 ★★★++

李園李園李園李園    
今日はこの人気行列店へ・・・
かろうじてカウンターの端に潜り込む.

まずは,いつものよにギョービーならぬギョーポンシュ.
おっと,これは美味い餃子ではないか・・・
皮が美味い.
モチモチで旨味がある.
しかも具がぎっしり.
肉とニラがいい感じだ.

麺は名物のトマトタンメンにしようと思ったが,季節限定のあさりタンメンがある.
というわけで予定変更.

濃厚な旨味を期待してスープを一口.
あれっ.水っぽい.
あさり味はともかく,これは明らかにベースのスープの旨味不測だ.

麺は直に近い中細麺.
これはツルモチで美味い.
具もまあまあだ.

人気店だけに期待したが残念なタンメンだった.
(2016/4)


>李園
 横浜市中区本郷町1-18
 月休/11:30~14:30(LO14:00) 17:00~22:00

李園李園  
 (2016/4)

霧笛楼 カフェ・ネクストドア/食歩記 横浜 元町 

霧笛楼は,横浜を代表するフランス料理店の一店だ.建物にも風格がある.
明治からの歴史あるお店かと思いきや,創業は1981年(昭和56年)と比較的新しい.
店名は,横浜ゆかりの小説家大佛次郎の小説”霧笛”から名付けられたとか・・・
本館の隣には,喫茶店兼売店の”カフェ・ネクストドア”が併設されている.

横濱フランスカレー \1,350 ★★★★+

霧笛楼霧笛楼霧笛楼

前から気になっていたカレーランチを食べにこのお店へ・・・
霧笛楼は,20年以上前に妻とディナーを食べに来て以来食べていない.

まずは,いつものよにギョービーといきたいところだが,ここには餃子がない.
というわけで,グラスワインの赤を一杯.
なかなか美味い.

登場したカレー.
驚くことに,ライスはピラフ.具は竹の子のようだ.
しかも.その上に何やらフライがトッピングされている.
そして周りには,ポタージュのようなものが・・・
聞いてみると,フライはごぼう,ポタージュはじゃがいもとのこと.

興味本位に,ピラフとごぼうフライとじゃがいもポタージュだけを混ぜて一口食べてみる.
いろいろな味が絡み合ってなかなか美味いではないか・・・

次にカレーソースをペロ・・・
こちらはコクのある立派な英国風ビーフ味.

さて,このカレーソースをじゃがいもポタージュピラフにかけて食べると・・・
何とマイルド.日本カレー風の味になる.
じゃがいも効果なのだろう.

カレーのスパイシー感,パンチに欠けるがこれが”フランスカレー”と言われればそれまでだ.
やや釈然としない味わいではあるが,一般的なインドカレーや欧風カレーとは一味違うそれなりのカレーだ.
(2018/8)


>霧笛楼  カフェ・ネクストドア
 横浜市中区元町2-96
 無休/11:00~20:00(L.O.19:30)
 1981年(昭和56年)
 http://www.mutekiro.com/ 

霧笛楼
霧笛楼霧笛楼

(2016/8)

四季の風景時計/風の記憶
<プロフィール>

じょばんに

Author:じょばんに
シンプルライフをめざして

<最近の記事>
<カテゴリー>
<全記事表示>

全ての記事を表示する

<ブログ内検索>
<最近のコメント>
<最近のトラックバック>
<お気に入りブログ>